<< 男の人をしっかりつないで先に彼のセクシーな地帯 | main | 注意:痔の発病率は50% >>

スポンサーサイト

  • 2017.11.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


 曇る蔕性の高潮

 専門家は50年代の米国の有名さ性医学専門家のマースは今世紀特にこれとジョンソンが性の研究のペナルティエリアを突き破りましたから“性の高潮”と“液体を愛します”の関係
を解明して、性科学の理論は著しい進歩があります。しかし、今なおまだ性の高潮のようですいくつか問題があって、女性は同じく“射精します”などはまた論争かどうか中で、困惑させます巨根

  曇る蔕性の高潮はマースは特にこの夫妻が通って実験室の中で人類の性行為を研究すると言って、生理の上から男子に関わらずのそれとも女子を実証して、いったん性愛が着いたらがエキサイティングで、体はそれに応じて様々な反応を作り出して、大体性的興奮の期限、プラットフォームの期限、性の高潮の期限と消える期限の4段階を経験します。しかし、男女が時間にあるいは形式上を表現するのが異なって、男子の反応はとても単調で、女性の反応はとても多彩です。このようなため、女性の快感センターを明らかに述べても非常に複雑になります。マースは特にこれは女性の曇る蔕の性の高潮の中で決定的な作用を発揮する理論を出して、つまりいわゆる曇る蔕性の高潮は言います。

 曇る蔕が陰門に位置して裂けます前に角、発生学の上から、男性のペニスと同じく属します。曇る蔕は曇る蔕のスポンジの体から構成して、表面は白い膜を覆います。ふだん、にせペニスのようにもし包皮の中で隠れるならば。曇る蔕は興奮して号勃起して、プラットフォームの期限まで後退します(包皮の内で隠れます)。マースは特にこれは観察からわかって、曇る蔕はプラットフォームで期限はべつに小さくなりなくて、ペニスが陰門を挿入して腟を支え始めましたためで、左右する小陰唇に受けるのがエキサイティングにならせて、同時にこの相連なった曇る蔕の包皮を長く伸ばしてと、曇る蔕はその中で隠れます。そのために、マースは特にこれは女性性高潮が曇る蔕の間接的に受ける刺激が招くためだと思っています。彼は、腟が性の高潮があることがあり得ないだけですと強く指摘しています巨人倍増

  曇る蔕の適切な機能に関して、今なおまだはっきりさせていません。もとの日本の小山の市立病院の石の小川は、造物主はこの器官を育成して、間違いなく無用なことはできませんと思っています。だから、曇る蔕はきっとある種類の役に責任を持っています。問題は、今曇る蔕の上でただすきまなく広がる触角の末梢神経があるだけであることを発見して、つまり圧力の受容器、その敏感性は女性の体のその他の部位と比較して、素晴らしい場所があることにも会いません。曇る蔕はつながって法の特に小さい体の末梢神経と称されて、だからもちろん性の感じがあって、ただそのように曇る蔕はペニスのようです拭いてやっと興奮することをこすることをしっかりと握らないで、そっとなでて快感を獲得することができるのでさえすれ(あれ)ばですと滋賀医大の笠井が教授を助けて思っています。

  動物にとって、性交はただ後代まで繁栄するためだけ、だからもちろん人類の女性のように曇る蔕の引き起こす快感があることはできません。動物の交配から見にきて、腟の縮むことはただ触発する作用だけを果たすことができて、すぐ勇ましい興奮を促して、射精を促します。しかし、人類にとって、性の高潮は多様化になります。女性は曇る蔕を獲得するのがエキサイティングなことを望んで、男性は女性の喜びをも努力してためそんなにさせます。対于性趣、人類は積極的な原因の1つになって、曇る蔕の感じになることができます。


  醜い習わしは聞くところによるととても長い前に人々は曇る蔕が最も鋭敏なセクシーな区なことを知っていて、曇る蔕を女性のみだらな禍根を行うこと。だから、南アフリカ、エジプト、スーダン、エチオピア、アフリカの東海岸との西で海岸など後れた民族の中に皆陰門の風習を切除することがあります。スーダンあるいはマレー半島のいくつかの信徒の中で甚だしきに至ってはあります腟の縫う恐ろしい方法を。

  女性に対して割礼の理由を行って種々であることがあって、最も力強いのは性欲の言い方を抑えるのです。ある意味で、男性は大部分が曇る蔕が悪だと思って、女性が性欲の時に夢中になることを心配して、その他の男性と正当ではありません関係が発生することができて、だから利己的な男子の目標は曇る蔕を注視していました。宗教の意義から曇る蔕を行って切除がもあって、キリスト教が自慰して罪悪ですと見なして、そしてたくさんの少女が自分の罪悪のために苦悩にになることを確信します。もし曇る蔕を切除するならば、そのように自慰する癖もなくなった。そのため、19世紀の半分世紀の中で曇る蔕が手術を切除するのは欧米でとても流行っています。

  今、女性の割礼の悪い習わしは言うことができて大いに減らしました。それでも、まだ割礼を受ける2000万ぐらいの女性があります。事実上、これは完全に愚かで無知な方法で、女性は生殖器の付属品を失うのため不幸に何度も遭います。エイズがアフリカから発生する時、人々はすぐ連想してこれまで女性が割礼の習わしを施行することと関係があります。女性は付属品がよく害して様々な菌に対する抵抗力を喪失しましたため、エイズのウィルスの侵入をもたらします。このようなウィルスは逆にしてまた男性に災いが及んで、これはまさに男性は自分で罪な事をしています。


 腟性高潮は長い間言って、性の医学学者はずっとマース特にこの夫妻の出す曇る蔕性の高潮を金科玉条に尊んですることに言っています。しかし、ここ数年来一部性医学学者は曇る蔕の神話に対して質疑を出しました。マースは特にこれは過度に曇る蔕の作用を強調して、腟の作用を軽視しましたと日本の名誉大学の教授が時計をおさえて思っています。時計の曾作をおさえて女性に自慰させる実験を過ぎて、結局曇る蔕と腟すべてしかし獲得性の高潮を表明して、感じの方式は異なっていますけれども。今なおまだありませんにかんがみて快感の程度の標準を測量して、だから科学の上から2者の不一致を明らかにしにくいです。事実上、両者が同時に刺激を受けるのが最も良いです絶對高潮

  今世紀初期に、美徳の籍医者の格引く人夫伯格博士を残して腟の口の4−6センチメートルの前壁までいったん受けたらがエキサイティングなことを発見して、その周囲は膨張して、その上達成性高潮の時、また交差点に小便をして液体を噴き出すことができて、これ性の医学学者に困惑させるいわゆる“液体を愛します”。格引く人夫伯格を記念するため、このところはG点と命名されます。格引く人夫伯格のはこのように最近また再び腟性の高潮の言う考慮に対して性の医学学者を始めたことを発見します。これで、性の高潮の論争の焦点は集中的に性高潮センターが一体曇る蔕にありますまでまだ腟でです。


  Gポイント(時)を依拠する腟性高潮にしてもとても大きい弱点が存在すると言いますと指摘しなければなりません。今なおその周囲でさておいて、全体の腟でたとえすべて感じの末梢神経を発見してないとしても。どのように快感を獲得することができる神経がありませんか?これが腟性高潮になって定説者の力強い論拠を否定すると言います。

  末梢神経を感じますに関して、名古屋市立大学の教授は仲の3見積もりを渡って、Gポイント(時)でさえすれ(あれ)ば確かに存在、そんなに腟まで3分入って1つの近く間違いなく神経を発見します。もしも感覚の神経だなら、それではこれは腟の快感の言う力強い証拠を証明するのです;もし自律神経だならば、腟を制御して液体を分泌するかもしれません。

  最新の報道によると、日本の名古屋市立大学の講師の亀谷はすでに大きい末梢神経(約100ミリミクロン)を見て、そしてこれが自律神経なことを確認して、ホルモンを分泌します。

  “液体を愛します”の謎は通常で、女性の腟は出産する産道と毎月の定休の通路として、腟の潤すことはとても正常な現象です。しかし、女性の性的興奮の時に、特に性交して高潮に入る時、腟内は生んで液体を愛することができて、ずっと性の医学学者を困惑させます。

一番早くて、人々は腟の口の両側の前庭の部分がそのようにする構成の小さいしわがあります形の分泌の口を思って、女性が興奮する時、それから流れ出す前庭の大きい腺の粘液があることができます。50年代の末まで着いて、マースは特にこれは分泌物が腟の深い所で流れ出すのなことを発見します。事実上、たとえ前庭の大きい腺の女性の腟を切除して依然として潤しますとしても、ここから彼は転倒した言い方をおします。馬氏は、女性が引き起こす性の興奮に時、腟の壁はしみ出すことを始めて豆の大きい玉の汗のように小さく垂らして、ほどなく全体の腟を潤しますと思っています。しかし、頭を悩ましたのは、とても良い説明のこのような現象の根拠。彼らは腟の内でどのように捜査しても分泌腺を発見していません。おかしいと思ったのは、どのように生んで液体を分泌した分泌腺がありませんか?

  これに対して、時計博士をおさえて自分の見方を出しました。彼はかつて種類にした(作った)ことがあって様子の溶液にくっついてガラスの片上の実験で塗って、結果の溶液は汁を出してそのようなが小さく垂らしますように散らばります。ここから、彼は子宮頸の担当区域内から分泌する液体が彼の“ガラス・ブロックの試験”のように腟の壁の上で覆われることを推測しますcialis


  あります1つの問題、マースは特にこの見た豆の大きい玉の汗は結局何ですか?膣前庭の部分が粘膜のから構成を組織するのなため、きっと粘液を分泌するのですと笠井が教授を助けて思っています。文化女子大学の飯沼教授は依然として子宮頸が粘液の確率が大きいことを管理すると思って、彼は言います:“このような液体は排卵期の外で出してくっついて、しかし排卵期があるいは性的興奮を引き起こされる時、粘り気は希釈されます。これは子宮の様々な分泌の液体の溶解する原因にためです。”液体の成因を愛しますに関して、意見が入り乱れます。時計博士をおさえて液体を愛すると思っているのは子宮頸が粘液を管理しますのから来るので、彼はかつて性の高潮の時に女性の噴出する分泌の液体を調査したことがあって、あれは子宮の内部からの分泌の液体です。液体を愛するのが1種の色が薄くて透明です、pH値が7.5のため、弱いアルカリ性を呈します、粘り気の液体がありません。化学分析の結果は、上がって蛋白質の0.22%をくわえますと、塩化ナトリウムの0.35%、カルシウムの0.095%、無機(性)の燐の0.31%、これは比較的に唾液の濃度の少し強い液体です。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.02 Thursday
  • -
  • 14:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM