<< 褒め言葉 | main | やっぱり大きいお風呂いいね♪ >>

◆春に「死」を考える要因とは?

春はストレスを抱えやすい季節。とくに、3月は1年の中で最も自殺率が高い月でもあり、内閣府は「自殺対策強化月間」として、街頭やマスコミなどを通じて大々的な広報キャンペーンを行っています。

自殺の原因となる主な精神疾患はうつ病ですが、この病気は不眠症状を伴うことが多いため、よく眠れているか、疲れていないかと声をかけることが大切なガードになるのです。

では、この早春の時期にどうして「死んでしまおうか……」とまで、精神的に追い込まれる人が増えるのでしょうか。主に、次のような社会的要因、環境的要因があげられると思います。

1.決算期を節目にした倒産、失業

3月は決算のシーズン。デフレが続く近年では、早春に倒産を迫られる企業、失業を迫られる従業員が増えるため、経済的な問題に直面して出口を失った人が精神的に追い込まれるのがこの時期なのです。


ちなみに、2010年まで自殺者3万人が13年間も続いていますが、その端緒である1998年、一気に自殺者数が増えたのがやはり3月であり、同時にこの時期から失業者数も急増しています。(参考:社会実情データ図録「失業者数・自殺者数の月次推移」)。
花痴
三便宝


ちなみに個人事業主である私も早春には確定申告があり、1年の総決算の時期となります。この不況下では、仕事に精を出しても利益に大きく結び付かない実情を収入額の合計という形で目の当たりにするため、気分が深く落ち込み、不安に駆られる時期です。


スポンサーサイト

  • 2017.10.23 Monday
  • -
  • 10:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM